お名前.comのページを見よったら
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報で
Chrome のセキュリティにとって大きな一歩: HTTP ページに「保護されていません」と表示されるようになります



しかも2018年の10月からのChrome のバージョン(70)では

https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/07/marking-HTTP-as-not-secure.html引用
上のように
httpのページにデータを入力しようとしたら「保護されていません」という通知が赤字で通知されるとって

WOFWOF

お問合せフォームとか設置しとったら必須よね

KAINUSHIKAINUSHI

便利屋ブエノの店舗ページもお問合せフォームば設置しとるけん
SSLか~高いちゃろうね~お金なかばい…
XSERVERに移行かね~って
って思いよったら
お名前.comなら無料でSSL設定できるやん

お名前.com

今後「Google Chrome」でSSLが設定されていないページは
「保護されていません」と表示される様になります
2018年の2月にGoogleは以下を発表しました。

2018年7月にリリースするブラウザ「Google Chrome」のバージョンアップ「Chrome68」で、SSLが設定されていない全てのHTTPページは、通信が安全ではないことを通知する「保護されていません」のラベルが表示されるようになります。



他のサーバー会社も、はやくて、やすくて、カンタン。
全てが揃った究極のレンタルサーバ、☆さくらのレンタルサーバ

さくらインターネット

Chromeの強制的な警告表示が2018年7月から開始
2017年初頭から Google Chrome ブラウザは、SSLサーバー証明書(以下SSL証明書)を導入していないサイトに対して、アドレスバーによる警告表示を段階的に強化してきました。そして今回2018年7月リリース予定のChrome 68より、SSL証明書を導入していない全てのサイトで「保護されていません」の警告表示が開始されます。



やり方は色々あるごたんばってん
.htaccessばあーやらこーやら出来るばい
いろんなサイトで紹介されとるけん参考にして

KAINUSHIKAINUSHI

他のサイトアドレス見て
あーオイもHTTPSにしたか~って思いよったけど
ハードル高いって思いよったら
無料でお金かからんしハードル低かったばい